• むし歯
  • 歯周病
  • 小児歯科

求人募集

たむら歯科

〒131-0031
東京都墨田区墨田1-15-15
ライオンズプラザ東向島101

墨田区ドクターズ

2018年 歯医者さんがおすすめする歯科医院 に当院のドクターが推薦されました

治療内容

むし歯

一般歯科とは、虫歯の治療をはじめ歯周病予防、歯槽膿漏の治療、歯の欠損部を補う治療を主とした歯科診療のことをいいます。

80歳で自分自身の歯を20本保つ「8020運動」を
当院ではご案内・指導しております。

歯を健康に保つためには、正しいホームケアが大切です。
その方法と指導と定期的なケアを行います。
それでも抜けてしまったり、抜歯して、噛めなくなってしまった場合は
ブリッジや義歯等で補う治療を行っています。

見た目だけどうにかするのではなく、痛みが無く、
しっかり噛んで食べられることで、心身ともに健康が得られると考えております。

■当院ではレントゲンを用いて、患者様の歯の健康状態や治療方針を丁寧にご説明いたします。
 十分に今後の治療に関しご理解をいただいた上で治療を行います。

■自分の歯だからこそ「痛くなってから治療」するのではなく 「予防のため」にご来院下さい。

歯周病

現在、日本人の成人の80%が歯周病だと言われています。

歯周病とは、歯茎・歯を支える骨などの組織が、
歯周病菌に感染し炎症をおこす感染症のことで、
歯肉の炎症による出血・腫れが起きる歯肉炎と、
歯を支えている歯槽骨が破壊される歯周炎に大別されます。
一般的によく言われている歯槽膿漏は成人性歯周炎のことで、
歯周病はその症状・病態によって複数の種類があります。

歯周病は、歯の表面につくプラークが原因で起こる病気です。
長く放置をすると、口臭や歯茎の腫れ・心内膜炎・肺炎、妊婦の方では
早産や低体重児が生まれてしまったり、動脈硬化や糖尿病を引き起こしたりと、
歯周病の影響は全身へと大きく広がってしまう危険性があります。

歯周病リスクの高い方は特に注意が必要です

■歯周病の危険因子には肥満と喫煙があり、歯周病になるリスクが肥満では3〜8倍、
 喫煙では2〜4倍になると言われています。

■上記に該当する方は歯周病の危険度が高いため、ぜひ早いうちに当院へご相談下さい。

小児歯科

虫歯の治療になる前に、お子様に予防の習慣を。お子様の歯をしっかりと守るためには、何よりお母様がお子様と一緒になって取り組まなければいけません。

ほとんどの方がそうであったように、
子供にとって、むし歯の治療はとても嫌なものです。

当院では、ただ治療するだけでは根本的な解決にはならないと考え、
お子様にとって本当に必要なことを
成長と発育の両面から考えてアドバイスいたします。

一例として、ブラッシングの指導や、保護者様がケアできる仕上げ磨きのレクチャー、
お子様に与えるおやつについての指導、フッ素塗布によるむし歯予防処置など…。
また、正常な永久歯列を作るために、矯正が必要と判断した場合は
その旨もお伝えいたします。

歯医者さんは嫌い…怖い…と思っていたお子様が、
「”歯”は大切だから、ちゃんと歯医者さんに行かないと」

思ってくれるような小児歯科医療を心がけています。

■幼少期からしっかりとむし歯対策をしておくことで、健康な永久歯が育成されやすくなります。
 健康な永久歯が維持できる環境は、むし歯にもなりにくい環境です。

 歯科医院での定期的なお手入れはもちろん、家庭でも積極的に予防を実践してください。

スペシャルケア外来

身体的・精神的に治療を受けることが難しい方にも歯科治療を。

当院は、何らかの理由により歯科治療を受けることが
困難な方に対しての歯科治療を行っております。

例:知的な遅れなどを原因として、自分で歯の痛みを説明できない・治療の必要性が認識できない方/身体機能の障がいを原因として、治療を受けるための姿勢を続けることが困難な方/特定の病気を原因として、歯科を安全に受診することが困難な方/極度に嘔吐反射や歯科治療への恐怖が強い方

上記のような理由以外にも、治療を受けること自体が困難な方はぜひご相談下さい。

>スペシャルケア外来について詳しくはこちら